歯間ブラシやデンタルフロスはむし歯予防に有効か?|医療法人社団英優會|大和市の歯医者

トピックス TOPICS

歯間ブラシやデンタルフロスはむし歯予防に有効か?

今日は。大和市オークヒルズ歯科、副院長の和久井です。

皆さんは歯磨きの後、歯間ブラシやデンタルフロスを使っていますか?

ある研究データによると歯ブラシのみの口腔内清掃では58%程度しかプラーク除去ができていないという報告があります。

これは、歯科医院で歯科衛生士から歯ブラシ指導を受けた方が時間をかけて完璧に磨いた時のデータです。

ブラッシングに歯間ブラシを加えるとプラークの除去率が95%に上がります。

同様にブラッシングにデンタルフロスを加えると86%の除去率になります。

つまりほとんどの方は半分も磨けていないという事です。

さらに別の研究データによると虫歯予防の効果は歯磨剤に含まれるフッ化物によるものであり、ブラッシングによるものではないと結論付けられています。

患者さん一人一人の口腔内に合わせた歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスを選択し、フッ化物を活用しながらのプラークコントロールが必要となります。

そして年に数回は歯科医院に来院して歯科衛生士によるプロフェッショナルケアをぜひ受けるようにしてください。