その歯の凍み、磨きすぎが原因かもしれません|医療法人社団英優會|大和市の歯医者

トピックス TOPICS

その歯の凍み、磨きすぎが原因かもしれません

こんにちは。歯科医師の佐藤です。


まだまだ暑い日が続きますね。いかがお過ごしでしょうか。


夏は冷たい物が美味しいですよね。かき氷やスイカ、ビール、麦茶など。そんな中冷たいものが凍みる方はおられませんか?


歯が凍みる原因には虫歯や歯周病、歯ぎしり、酸性度の強い食べ物の摂取等、様々ありますが、意外と知られていないものに強すぎる力での歯の横磨きがあります。(特に堅いハブラシで)弱すぎる歯磨きは良くありませんが、強すぎるのもまた良くなく、歯茎が引き締まりすぎる状態、『退縮』を起こしてしまいます。退縮が起こると本来は歯茎の下にあるはずの歯根が露出してきます。歯根は歯と違い冷温水の感受性がありますので、凍みることになります。虫歯の好発部位であり歯周病にも深いつながりのある歯の根元を一生懸命磨く方、つまり歯磨きの意識が高い方が陥りやすい知覚過敏と言えるかもしれません。


もし、固い歯ハブラシを使っていて強めにやっているかな?大きなストロークで横磨きしているかな?と感じる方は、少し優しい力で小刻みに磨いてみると良いかもしれません。とはいえ、自分の磨き方が果たして本当に強いかどうかというのはなかなかわかりにくいですよね。また他の原因が隠れているかもしれません。ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。