ウィルス感染と口腔ケアの関係|医療法人社団英優會|大和市の歯医者

トピックス TOPICS

ウィルス感染と口腔ケアの関係

皆様こんばんは。オークヒルズ歯科の西村です。

非常事態宣言も先が見えてきた模様?ですが、 皆様体調を崩したりされていませんか?

感染症の予防といえば、手洗いやマスクなどがありますが、細菌やウィルス感染を防ぐうえで「口腔内の清潔」が非常に重要であることをご存知の方もいると思います。

鼻や口から入り込んだウイルスは、鼻腔や咽頭などの上気道の粘膜に付着します。そして持っている酵素で粘膜の細胞膜をこじ開け、細胞内に入り込んでいきます。

一方ほとんどの人の口の中に棲みついている歯周病菌。活動してウィルスが細胞内に入り込むのを助ける酵素(プロテアーゼ、ノイラミニダーゼ等)を出すことがわかっています。これら酵素が、口腔内の粘膜を覆っている薄い膜を溶かして細胞表面の受容体が露出してしまい、ウイルスをキャッチしやすくなり感染が起こるのです。

つまり、お口の中が不潔で細菌の数が多いと、ウイルスが体内に取り付く危険性が高くなります。口腔内を清潔にしておくことによってインフルエンザやコロナウイルスのリスクを低くすることができると言えるのです。

日頃の歯のお手入れをしっかり行うことや、 歯科医院でケアを受けて、お口の健康を守ることが、ウイルス感染の予防となるわけです。

ぜひ歯科医院でのケアを受けることをおすすめします